野立て看板

看板施行例紹介

野立て看板

自立式独立鉄骨箱組スパン張り看板

野立て看板製作内容

  • 看板本体:鉄骨Lアングル組み
  • 架台支柱:一般構造用鋼管(二本継ぎ)
  • 画稿面:カラースパン(鋼板)
  • 装飾方法:油系ウレタン(長期耐候)/長期屋外用フィルム
  • 電照設備:水銀灯(安定期外付け型)4灯
  • 防錆加工:亜鉛鍍金表面加工
  • その他付属:懸垂幕用金具一式・懸垂幕(テント生地/フィルム)
  • 点灯方式:自動点滅/時限タイマー併用型
  • 架台基礎:杭基礎型

野立て看板 製作の特徴

長期的ランニングコストを重視した仕様にした事
  1. 構造骨格及び支柱は『亜鉛鍍金表面加工』を採用推定にはなりますが、最低でも20年は錆による侵食が防げる(塗装などのメンテナンスが不要)
  2. 画稿面は『油系ウレタン樹脂塗装』を採用。長期耐候フィルムとの併用ですが、ベース生地塗装は約10年以上退色しない(設置環境により変動)
  3. 照明設備は『水銀灯』を採用
  4. 安定期外付け型水銀灯で約電球寿命は12,000時間
    ※1日5時間点灯で約6.6年 メンテナンスフリー
  5. ランプ効率 55lm/W で消電力で照度も確保(自動点滅/時限タイマー併用) 
看板製作事例紹介

看板の資料

商品カタログ

福岡看板製作日記へ看板の蔵広告
特定商取引法に基づく表示

Copyright 2007 蔵広告 all rights reserved

〒814-0153福岡県福岡市城南区樋井川6-1-30 Tel 092-865-7083 Fax 092-865-7184